引き寄せの法則 病気を治すには周波数・波動を変える。

引き寄せの法則で病気を治したい。

周波数を合わせる

現在、病気療養中で、健康になりたいと思っている。

引き寄せの法則では、同じ周波数・波動の事を引き寄せると有ります。

では、病気の人は、健康な人と同じ周波数・波動になれば良い?

でも、なれなんですよねぇ。

何故?

現状の考え方が楽だから・・・

現状の状態(病気)にフォーカスしているから・・・

「健康になりたい」と考えているから、「健康になりたい」周波数になっているので、

ずっと「健康になりたい」状態を引き寄せることになります。

Lazare / Pixabay

じゃぁ どうすればいい?

「健康」な状態が当たり前の考えになる。

自分が健康な状態で有ること考える。

それを常に意識するために、自分の内側を内観する必要があります。

今、「何考えた?」「何を感じた?」をいつも考えます。

みなさんが思っている以上に、いつも、いつも、いつも、常に、常に、常に です。

そして、内側の状態を健康でいる良い感情にキープ出来るように意識します。

その状態で外側の出来事を観察します。

その感情や気分の時何が起きているのか? 身体の状態はどんな状態?

それを観察してましょう。

johnhain / Pixabay

常に観察をする。

自分の外側の出来事を観察していると段々と分かってきます。

例えば、「早く、病気が治って、家に帰りたいなぁ」と考えます。

ネガティブな考えでいるあなたは、「あぁ 早く家に帰りたい。でも病気治らないだろなぁ

ずっと病気だろなぁ」

そんな考えでいるとそんな状態がそのまま続きます。

ポジ手ティブな考えでいるあなたは「あぁ 早く家に帰りたい。でも病気治らないだろなぁ

ずっと病気だろなぁ」なんて事は元々考えない。

病気のびの字も考え無い。なので病気にならない。

この観察を、繰り返す、繰り返す、繰り返す。

geralt / Pixabay

それが引き寄せの法則

そうすると段々とどんな感情、気分の時にどんなことが起きているか分かってきます。

それが、引き寄せの法則です。

あなたのどんな感情、気分の時に、考えた事に、似たような事が起きます。

それが、引き寄せの法則です。

全ての答えは、自分の内側にある。