引き寄せの法則 エイブラハムの言っている事って何?Prt2

引き寄せの法則 エイブラハムの言っている事って何?Prt1

本、『引き寄せの法則』エイブラハムとの対話。で言っている事ってどういうこと?

『引き寄せの法則』エイブラハムとの対話。は『ザ・シークレット』の元になったと言われている本です。

本の中には、「引き寄せの法則」とは?、意図的な創造の方法論、

許容し可能にする術、節目ごとの意図確認

今回は、許容して可能にする術、節目ごとの意図確認の後の二つの話をさせて頂きます。

この二つも「引き寄せの法則」をマスターする上では重要な事です。

これも、私の解釈になりますが書かせて頂きます。

「許容し可能にする術」とは?

Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

この「許容し可能にする」という分かりにくい語句ですが、簡単に言ってしまうと

「私は私、彼らは彼らであり、ともに自由」だと言うことです。

「彼らの態度や言動は彼らが引き寄せた物で有り、私には一切関係ないと言うこと」

「私たちは、彼らに左右されずに、良い気分でいる事を意識する。」

これは、頭では理解出来ても、なかなか出来ないのが真実。

私に場合、彼らが私に不機嫌な態度したとします。そんな時私は、

「この人、不機嫌だけど、そんな態度をとっていてもそれはこの人が引き寄せた物だからそれは自由なんだぁ」

「私には一切関係ないんだぁ」「自由なんだからいいんだぁ」

そんな関係から、一歩引いて、自分の事を内観してみる。「今、何考えた、今、何感じた」これを繰り返す。

そうすると段々、色々な出来事に抵抗しなくなり、流れに乗れる様になります。

私も、彼らも自由だと言うことです。

節目ごとの意図確認とは?

geralt / Pixabay

最後の「節目ごとの意図確認」ですが、これは自分の願望実現を意識し続けましょう。と言うことです。

私の場合、意識し続ける為に、リビングに願望実現の項目を、紙に書いて貼っています。

朝、起きてボーッとしながらその紙を眺める。すると朝起きたばかりの時は、頭がシータ波からアルファー波

に変わるときなので、見た物が潜在意識に入りやすくなるそうです。

本では、生活の節目、節目で願望実現を確認する、思い出す、を続けましょう。と言うことですが、

私は、こんなやり方をしています。

要は、潜在意識に自分の願望実現を刷込みましょう。と言うことだと思います。

私の考えです。

この本に書いてあること まとめ

geralt / Pixabay

「感情というナビケーションシステム」を使いましょう。

「いい気分」でいましょう。

・自分で考えたこと、感じたことを引き寄せますよ。

・引き寄せた現実は全て、自分が引き寄せているので、全て自分の責任。

・全て自分の責任であるので、自分は自分、他人は他人であり、他人が引き寄せたことに惑わされない。

・他人にに惑わされず、自分の願望実現を「いい気分」になるように感情を大切にして意識し続けましょう。

と言うことです。

これまで、書いた事は全て私の考えですので、貴方は貴方で違う考えになるかと思います。

それは、「許容し可能にする」ことになるかと思います。

未だ、本を読んで無い方は、一度読んでみて下さい。