引き寄せの法則の真実と嘘そして矛盾点

引き寄せの法則の真実と嘘そして矛盾点

引き寄せの法則の矛盾点について

虐待される子供や、両親に捨てられる子供などがいます

彼らはそうなるようにアファメーションやイメージングなんてしてないはずです

他にもレイプ被害に合う女性なども、引き寄せの法則だけでは説明はできないはずです

こういった矛盾点を説明させて頂きます。

小さな子供達も考えてる。

Pezibear / Pixabay

両親、母親、父親に虐待される子供達がいます。

これは信じられ無いかもしれませんが、子供達が現実を引き寄せたのです。

子供なのでそんな事を考えたり、イメージしたり出来るわけないと思うかもしれませんが

子供達が考え、イメージして目の前に現実を引き寄せたのです。

私達は子供であろうと潜在意識の更に奥に何億年も昔からの記憶を持っています。

この記憶が潜在意識を介して現実を目の前に引き寄せています。

もし、それによって、虐待によって亡くなったとしてもそれがその子の幾つもある人生の一つだと言う事です。

その意思は無いかもしれませんが、色々な経験など経てその人の意識、波動が変って

意識、波動に合った人生を目の前に引き寄せます。

酷い現実に会う人も考えている。

geralt / Pixabay

女性の方で男性に力ずくで暴力を受けて傷つく方は少なくありません。

これも信じられないかもしれませんが、その方が引き寄せています。

心配することも、同じように思考と感情を刺激して潜在意識に染みこまれ現実を引き寄せます。

全て、潜在意識で考えた事が、目の前の現実を創り出しています。

 

これをどうすれば望む現実を引き寄せる事が出来るか?

 

先ずは、内観すること、自分の内側をよ~~く観察する事をオススメします。

そうすると段々とどんな感情、気分の時にどんなことが起きているか分かってきます。

それが、引き寄せの法則です。

あなたのどんな感情、どんな気分の時に、似たような事が起きます。

それが、引き寄せの法則です。

全ては自分の感情が引き寄せているのです。

全ての答えは、自分の内側にあるのです。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。