引き寄せの法則の思考パターンはいたってシンプル

思考パターンはいたってシンプル 充足か不足かのどちらか

引き寄せの法則において、私達の思考パターン2種類しか有りません。

目の前の人、モノ、カネ、情報に対して、充足を感じているのか、不足を感じているのか

このどちらかしか有りません。

どちらを選択するにせよ、私達は自由に選択する事が出来ます。

そして、どちらを選択するにせよ、選択したモノを引寄せています。

同時に2種類の思考パターンを考えることは不可能

 

geralt / Pixabay

私達は思考パターンは2種類しか有りません。

充足 か 不足 か

感謝 か 恨み か

喜ぶ か 悲しみ か

充分 か 不充分 か

心配 か 安心 か

 

私達は、同時にこの2種類の思考パターンを考える事は出来ません。

常に脳の思考が働いているなかで、私達は充足or不足のどちらかに焦点を合わせています。

 

私の場合、数年前まで、常に不足の方に焦点を合わせていました。

「お金が無い」「お金が足りない」「何かお金が直ぐ無くなる」

「上司に叱られる」「上司の直ぐ怒るところが嫌いだ」

なので、お金が足りない状況が続いていました。

こんな人生体験を重ねて来て、ようやく「違うんだ」「反対なんだ」「真逆なんだ」

と言うことを「気付く」事が出来ました。

 

本来の願望実現をしたいのであれば・・・

geralt / Pixabay

「お金は少ないけど、毎日食べるものは買う事が出来ている。」「ありがたい」

「お金は少ないけど、子供を学校に行かせる事が出来ている。」「ありがたい」

こんな風に、「少ない」けどお金は有る所に思考の焦点を合わせています。

「有る」に焦点を合わせる事により、少しずつ、少しずつ、お金の流れが良くなって来ています。

 

目の前の人、モノ、カネ、情報に感謝することにより、焦点を合わせたモノを

引き寄せる事になります。

 

私達は、自由です。

充足or不足どちらを選択しても自由です。

自由に人生パターンを選択できるので有れば、充足:不足を20:80で焦点を合わせているのを

長いスパンでこの思考パターンを

30:70に

そして

40:60に

そして

50:50に

そして

60:40に

そして

70:30に

そして

80:20に  「充足 80」:「20 不足」

変えていきましょう。

少しずつ、少しずつ 「有る」「充分に有る」所に焦点を合わせていきましょう。

必ず人生に変化が現れてきます。