引き寄せの法則 好転反応って?

好転反応ってどういうこと?

自分のコンフォートゾーンを広げるための副作用と言えばいいでしょうか?

私達にはコンフォートゾーンという自分が心地よいと感じる領域があります。この領域を広げる為に必要なのが、

「好転反応」になります。

今までやっていなかった事をすると身体や心が拒絶反応を起こして、一見辛い出来事が

起こります。

好転反応は何故起きる?

geralt / Pixabay

何故このような事が起きるのでしょうか?

「引き寄せの法則」において願望実現を願っているのに、いやーな思いをしたり、新たな行動をすると

何か落ち着かなっかたりします。

「好転反応」は上記したように、コンフォートゾーンを広げる為に必要な事です。

コンフォートゾーンを広げると、今まで違う考え方や、違う行動が出来る様になります。

この違う考え方をしようとすると私達は、心地よい領域にまた戻ろうとします。

私達は、変化を嫌う性質を持っています。でも、これを克服すると新たな考え方が出来て、願望実現を引き寄せられます。

好転反応はどんな事がで起こるのか

52Hertz / Pixabay

やはり、自分が願望実現したい事の反対の事が起こったり、感じたりします。

私の場合、お金が欲しいと思っているのに、何故かお金が出ていく、出来事が起こる。

例えば、トイレが壊れて、トイレ丸ごと変えなくてはいけない状況が起きたり、そんな時は続けて

お金が出る出来事が起きます。家電が壊れたり、駐車していた車に物が飛んできてキズが付いたり

そんなことばかり起きます。

人間関係では、良好な人間関係を望んでいるのに、変わる部署には高圧的に接する上司にばかりに

なったり。でも、それもこれも全て自分が引き寄せていることを理解しないといけません。

これを理解すると、自分の考えている事、感じている事が何であるかを認識出来るのです。

好転反応をどう克服するのか?

santoslimaconsultoriae / Pixabay

私の場合、自分が何を考えているのか、何を感じているのかをを認識することで克服出来ました。

私は、お金が欲しい、お金が欲しいと考えている時は、心の中ではお金が足りない状況に焦点を合わせています。

引き寄せの法則では、考えが焦点を合わせている事が起きたり、拡大されますので、当然反対の事が起こります。

人間関係でも、良好な関係を望んでいますが、心の中では今回の上司は優し上司かなぁと考え

焦点を合わせているのは、又高圧的な上司だったらどうしようになっている。

当然、毎回高圧的な上司の下で仕事をする事になります。

 

先ずは、この状況を認識をする、そうすると自分の焦点が何処に当たっているのかが分かります。

後は、焦点を本当に望む事に当てるだけ、けど「言うは易く行うは難し」、だから少しずつ、少しずつ

考えの焦点が戻ったら、又、修正これを繰り返す。

そうすると、コンフォートゾーンが広がって行く。新しい考え方が身に付いて行きます。