引き寄せの法則 お金を引き寄せるにはこんな感情でいる事が大切

お金って何?

「お金って何?」って考えると何が出てきますか?

お金は欲しい物を得るためのもの、したい体験をする為のもの。そんな考えが出てきます。

でも本当にそれだけでしょうか?

もっと、尊いものなじゃないでしょうか? ただの交換ツールで片づけていいのでしょうか?

そんな疑問を書かせて頂きます。

お金への質問① お金が世の中から無くなったらどうなるでしょうか?

 

derneuemann / Pixabay

もしお金が世の中から無くなったら・・・

私達は、食べ物屋さんへ食事を市の行きます。その時、美味しい食事を提供してくれたその

食べ物屋さんに、お金以外に相手に差し出す物は、「美味しい食事をありがとうございます。」

の言葉になると思います。(ブツブツ交換の概念は亡いとして)

そこには、「感謝」が双方の間に生まれてくると思います。

お金への質問② お金が人類の歴史上から無くなったらどうなるでしょうか?

Mediamodifier / Pixabay

人類は最初、お金が無いときには物と物とを交換する手段で欲しいものを手に入れてきました。

そこで、人類は物と物の共通の価値をつくる為に、お金を発明しました。

このお金は、人類の歴史上最高の発明とも言われています。

 

お金が無い状態から、多くのお金を持てるように成ると、人は性格や行動が変わっていきます。

それは、今まで、抑えていた欲望が解放されるので、人が変わったとか言われる方が多い様です。

なので、お金はその人の人格、品格を浮彫にするものになってきます。

 

でもやっぱり、誰でもお金は欲しいものです。お金が欲しいと思う気持ちが有るから、

みなさん、自分の知恵を使って、お金を得る為に努力をして来ました。

お金を得る為に、人類は努力をして、繁栄をしてきました。

お金が有るから、人類は成長出来たと思います。

お金は人類にとって無くてはならない物なのです。

感謝でしかないと思います。

お金への質問③ その感謝でしかないお金に対して感謝している人がどれだけいるか?

wagnercvilela / Pixabay

殆どの人が感謝していないんじゃないかと思います。

私の場合、以前まで、「お金~ ウ~」「お金~ 足りない~」「お金 ず~ん」ネガティブな感情でしかなかった。

でも、お金はこれだけ人類に貢献してくれている事を考えると感謝しなきゃおかしいですよね。

「感謝」しましょう。

お金は、尊い物なのです。

「感謝」しましょう。

お金は、愛なのです。

「感謝」しましょう。

「感謝」すれば、それにお金は答えてくれる筈です。

損得勘定でも構わないと思います。

「感謝」しましょう。

お金を払う時、「感謝」しましょう。

支払い明細を見たとき「感謝」しましょう。

必ず答えてくれる筈です。